×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中学生 勉強法

スポンサードリンク

中学生の受験勉強の仕方

中学生,勉強法,学習,教材

受験勉強は中学生にとって避けては通れないもので、定期テストのように一夜漬けでなんとかきりぬけることができると言うような簡単なものではありません。高校受験のための受験勉強は当然定期テストとは違った勉強方法が必要となります。高校受験のための受験勉強法としては、まず、受験教科ごとに中学の3年間で勉強した内容が一冊になった問題集を用意します。

 

初めに問題集の問題を解く時には書き込まないでノートに答えを記入するようにします。問題を解いたら答えあわせをして不正解の問題をチェックしていきます。2回目に問題を解く場合はチェックした問題だけを解くようにします。3回目に問題集を解く時は問題集に直接記入していくようにします。3回目に問題を解いた時に間違えた箇所の分野が自分の苦手分野と言う事になります。苦手分野がわかったら苦手分野の問題集を徹底的に解いて自分の弱点を補うようにします。また模擬試験を重視するようにしましょう。

 

模擬試験を受ける時は模擬試験の設問をよく読む習慣を付けるようにします。問題で「間違っているもの」をえらばなければいけないのに「正しいもの」を選んでしまって間違える人がいますが、このような間違いはケアレスミスにはなりません。採点をする側からすれば単純に国語力がないだけと思うだけです。

 

試験では1点に泣く可能性があるので、そんな時に単純なミスで本来獲得できている点数を逃してしまうのは大変もったいないです。貴重な1点を無駄にしないためにも問題をしっかりと落ち着いてよく読むようにしましょう。本番の受験に備えるために定期試験や模擬試験の時から設問を落ち着いてよく読む習慣を付けるようにします。

 

もし定期試験や模擬試験の結果が悪くても必要以上に落ち込む事はありません。定期試験や模擬試験で自分の苦手なところを知る手段であると考え方を変えましょう。良い結果が出ても悪い結果が出ても間違えた箇所を何度も復習して本番の試験では同じ問題が出題された時は満点が取れるようにしておきましょう。